STEPN

STEPN GMTアーニングについて徹底解説!システム・メカニズム・獲得条件・いつから始まるのか?

2022/09/22

GMTアーニングについて徹底解説
悩んでいる人

GMTアーニングって何だろう?

システムやメカニズム、獲得条件を知りたいです!!




STEPNの公式HP上にGMTアーニングのプログレスバーが出現しました。

GMTアーニングのプログレスバー

このバーが100%に到達すると、ようやくSTEPNのメインの要素ともいえる、GMTアーニングがスタートです。

(※更新情報)GMTアーニングは、2022年9月28日にスタートしました

今回の記事はこんな内容です。

  • GMTアーニングとは?
  • GMTアーニングの内容(システム・獲得条件・メカニズム)について
  • GMTアーニングはいつから始まるのか?





GMTアーニングとは

STEPNにはゲーム内で歩いて稼げるトークンが2種類あります。

それは、GST(Green Satoshi Token)GMT(Green Metaverse Token)です。

トークン特徴
GST発行枚数に上限の無いトークン。
GMT発行枚数に上限の有る、60億枚限定のガバナンストークン。


GSTは、比較的簡単に獲得でき、価値は下がりやすい傾向です。

GMTは、ビットコインと同じく枚数が限られており、半減期もあるため、価値は上がりやすい傾向です。




GMTアーニングはいつから始まるのか?

悩める人

GMTアーニングは、いつから始まるのでしょうか?


GMTアーニングは、STEPN公式HPのロードマップ通りに、2022年9月28日にスタートしました!

STEPN Roadmap




GMTアーニングのシステム

GMTが稼げる靴の条件とは?

GMTを稼ぐための条件は、最大レベルの『Lv30』の靴を所有する必要があります。

ただし、靴をレベル30にレベルアップするためには、費用も時間もそれなりに掛かります。

Lv0~30に上げるまでの費用

(※GST=2.6円/GMT=85円の場合)

Lv0→Lv30にレベルアップする費用

600GST + 229GMT = 1560円 + 19,465円

合計= 21025円

靴(Lv0)の価格+2万円以上必要となります。



当初のGMTアーニングの条件は、エナジーが4.0以上必要と言われていましたが、その条件は無くなりました。

サワジン

Lv30の靴を1足持っているだけでGMTアーニングに参加できるので、ハードルはぐっと下がりましたね!



GST/GMT獲得モードの切り替え

靴のレベルが30になると、ユーザーはGSTかGMTの獲得モードを自由に切り替えることができます。

逆にレベル1~29までの靴はGSTのみしか稼ぐことができません。


GMTの獲得量

GMTの獲得量は、Comfortの値が高ければ高いほど、1分間に稼げるGMTの量は多くなります。


GMTの獲得上限

GMTの獲得上限ですが、GMTには1日の獲得上限がありません。

そのため、1日にリリースされたGMTの全量をユーザー同士で取り合う形になります。



逆に、GSTの場合は、1日の獲得上限が300GSTと決まっています。

靴のレベルによって1日の獲得上限の量は上がっていき、最大でLv30の300GSTとなっています。

エナジーが残っていてもそれ以上のGSTは稼げません。

1日300GST以上稼ぐ方法

追加のGMTを支払うことで、300GST以上に1日の獲得量の上限解放ができます。

ただし、費用はかなり高額です。

(1日の獲得上限を20GST上げるごとに300GMTの費用が必要です。)


GMTアーニングの場合は、エナジーが残っている限り、そのすべてをGMTアーニングに使うことができます。


GMTの獲得メカニズム

GMT獲得メカニズムは、1分(0.2エナジー)ごとに1ブロックとしてゲーム内で計算され、リリースされていきます。

つまり、1分きに収益が異なる変動制となります。



獲得できるGMT量は、その1分間に世界中でGMTアーニングをしているユーザー数が多いほど、少なくなります。

逆にユーザーが少ない時間帯にGMTアーニングができると稼げる量が増えます。


もし、1ブロックにリリースされたGMT量をユーザーがすべて獲得できなかった場合は、次の1分間に繰り越されます。


悩める人

世界中でSTEPNをしている人が少ない時間帯っていつかな…?

その時間帯に歩ければ、GMT報酬がいっぱい獲得できそう!

1分間を意識することが大切です。

黄金の1分間を制したものが『真の勝者』と言えます。

人が寝静まっている時間帯とか…

冷静沈着な人



GMTの半減メカニズム

GMTには、ビットコインと同じく半減期というメカニズムがあります


半減期は、すべてのSTEPNユーザーが1日に歩いて採掘できるGMTの総量が半分になるということです。


このGMTの半減期は1年ごとに起こります。ビットコインは約4年ごと


GMTは、運営のシステムによって自動的に決まった一定量が毎日リリースされます。

このリリース量は、1年ごとに、半減期が訪れるタイミングで、以前のちょうど半分に減ります。




つまり、期間が経過するごとにユーザーがGMTを獲得するのが難しくなり、GMTの価値が上がりやすいです。



2年目3年目の初日の獲得可能なGMT量は、GMTアーニング開始日のちょうど半分になります。

(※更新情報 2022年9月27日=赤字部分)


サワジン

早めに始めた方がお得ですね!




GMTの配分量

GMTの供給量

下記は、GMTの配分量(合計60億枚)です。(引用:STEPNの公式Lite Peper)

配分先配分比率供給枚数
Private Sale16.3%9億7,800万枚
Binance Launcepad Sale7.0%4億2,000万枚
Team14.2%8億5,200万枚
Advisors2.5%1億5,000万枚
Ecosystem & Treasury30%18億枚
Move and Earn24.9%14億9,400万枚
Unknown (Governance?)5.1%3億600万枚
GMTの配分量


Ecosystem & Treasury

毎月GMTの総供給量の0.3%(1,800万枚)分がアンロックされ、金庫のように保管されます。

この0.3%は、STEPNのグローバルエコシステムの構築をサポートするために使用されます。



Team

運営は、14.2%(8億5,200万枚)分のGMTを保有しています。

GMT価格が暴落したときには、運営によるGMTの買い支えがあるかもしれません。



GMTの供給量(Move and Earn分)

GMTの供給量(Move and Earn分)は、1か月当たり0.4%(2,400万枚)ずつリリースされていきます。

期間供給量
1か月2,400万枚
1日80万枚
1時間3万3,000枚
5分2,800枚
1分560枚
期間ごとの予想されるGMTの獲得可能な量


サワジン

もしも5分間で2,800GMTが獲得可能ならば、その時間に100人が同時にGMTアーニングするとしたら、

28GMT(約2800円)獲得できる計算になります。(1GMT=100円の場合)



GMTが獲得可能な4つのプールとは?

GMTを獲得するためには、4つの異なる世界(プール)に入る必要があります。

プール名配分参加資格(保有スニーカー)参加靴の入手経路
クラシックプール20%すべてのスニーカー(非レインボースニーカー)マーケット等
レインボープール30%レインボースニーカーコモン靴のエンハンス
レインボープラスプール50%レインボープラススニーカーアンコモン靴のエンハンス
レインボーインフィニットプール未定レインボーインフィニットスニーカー?(未定)不明
各プールの特徴


クラシックプールには、これまで存在するどんなスニーカー(クラシックスニーカー)で参加できます。

それ以外のプールに参加するには、レインボーシリーズと言われる特別なスニーカーが必要です。


レインボーシリーズの入手条件は、上記表の右側にある通り、靴のエンハンスとなります。

5足をバーンしてエンハンスをした時に運が良ければ、レインボーシリーズの靴が獲得できます。(成功確率はおそらく0.4%くらいだそう)



プールのオープンの流れ

GMTアーニングが開始されると、最初にクラシックプールのみがオープンします。(クラシックプール100%の状態)

そしてクラシックプールで一定量のGMTアーニングがされると、次にレインボープールがオープンします。(クラシックプール40% / レインボープール60%の状態)

さらに一定の期間が経過すると、続いてレインボープラスプールがオープンします。(クラシックプール20% / レインボープール30% / レインボープラスプール50%の状態)

最後にレインボーインフィニットプールがオープンします。(シャーデンフロイドプールで特別なプール)



(※更新情報 2022年10月12日↓)

クラシックプールは9/28にオープン。レインボープールはそのわずか二週間後の10/12にオープンしました。

レインボープラスプール以降のプールのオープン日は現在未定です。



まとめ

今回はGMTアーニングについての内容でした。

STEPNのムーブ・アンド・アーンのメイン要素ともいえるシステムですので、実際どのくらい稼げるのか非常に楽しみですね。


GMTアーニングは1分ごとに獲得できる報酬が異なるので、今までみたいに続けて長い時間一気に歩く人が減るかと思います。

1分間を意識して色々な時間帯に歩くと、報酬もその都度変わるので、楽しくなりそうです。



2022年の仮想通貨市場は全体的に下落傾向が続いています。

今後、相場が変わって、今よりも一層盛り上がってくれればいいですね!


以上、最近エナジーを無駄に余らせて損しまくっている筆者からお伝えしました。



オススメの仮想通貨取引所の紹介

仮想通貨の取引は、『日本国内の取引所』と『海外の取引所』を使い分けて利用するのがオススメです。

ポイント

国内取引所

日本円で主要な仮想通貨(Bitcoin・XRP・Ethereum)の売買海外取引所へ仮想通貨の送金仮想通貨を日本円に両替して銀行へ出金する等。

海外取引所

日本の取引所から海外取引所へBitcoinやXRPを送金する仮想通貨同士を両替する安い手数料で幅広い銘柄をトレードする等。



国内の取引所

コインチェックCoincheckは、2021年のアプリダウンロード数が圧倒的No.1の国内取引所です。

運営元は上場企業のマネックスグループですので、安心して取引が行えます。

今後NFTの販売も予定しています。

今なら期間限定で登録して1円だけでも入金するだけで1,500円相当のビットコインがもらえます。

コインチェック

かなりお得なキャンペーンですので、ぜひ登録しておきましょう!


GMOコインは、最もオススメ国内取引所です。

取引画面や入出金手続きなど非常に使いやすく、手数料も格安です。

Coincheck(コインチェック)しか口座を持っていない方は、手数料が大幅に安くなる可能性があります。

申込みから最短10分で取引開始が可能です。

取り扱い銘柄数は国内最大級の22銘柄以上もあります。

取引方法は、『販売所』・『取引所』・『暗号資産FX』と目的に合わせて選べます。

スマートフォン専用アプリも非常に便利で、数多くの国内銀行に簡単に入出金が可能です。

GMOコイン

割高な手数料に嫌気が刺している方は、ぜひこの機会に登録してみてください!




海外取引所

仮想通貨取引所の中で最も取引量が多いのはBinance(バイナンス)です。

日本の取引所では取り扱っていない銘柄や、STEPNの銘柄のSOLANA・GST・GMT・USDCやBNBなど幅広く取り扱っている取引所です。

BinanceのHPの招待リンク

Binanceへの無料口座登録はこちら


上記のリンクから登録すると、トレードごとにお互いの取引手数料が取引通貨で毎回10%も獲得できます。

私自身もよく取引を行いますので、損をしないためにも一緒にメリットを享受しましょう!



海外の取引所の中で2番目に利用者の多いのがBybit(バイビット)です。

取引画面が見やすいので初心者でも使いやすく、銀行振込やクレジットカードで日本円を入金することが可能です。

今なら20US$の報酬が付いていてお得です。本格的に仮想通貨を取引する予定の方はぜひ登録しておきましょう!

Bybitへの無料口座登録はこちら


-STEPN